スキップしてメイン コンテンツに移動

UbuntuのPDF編集ツールの使い方まとめ

PDFtkやpoppler-utilsに含まれるツールを使ってPDFを編集するコマンドのまとめです.


0. インストール


sudo apt install pdftk
sudo apt install poppler-utils

UbuntuあるいはBash on Windowsならaptコマンドで一発.


1. PDFの文書情報の表示


pdfinfo (ファイル名)

2. PDFの分割と結合


pdftk (入力ファイル) cat (ページの指定) output (出力ファイル)

ページ数の指定は1-12 14-endみたいな形で書けばよい. 入力ファイルを複数指定してページ数の指定を省略すればPDFの結合ができる.


3. PDFをJPEG/PNGに変換


pdftoppm [オプション] (入力ファイル名) (出力ファイル名の接頭辞)

JPEGが欲しい場合-jpegを, PNGが欲しい場合-pngをオプションに指定する. デフォルトの解像度はDPI150で粗すぎるのでオプションで-r 300ないし-r 600を指定すべき. 白黒画像にしたい場合は-monoないし-grayを指定 (個人的には-grayのが好み). 複数ページのPDFを変換すると, 出力ファイルは


(出力ファイル名の接頭辞)-1.jpg
(出力ファイル名の接頭辞)-2.jpg
みたいな形で生成される.


4. PDFからテキストを抽出


pdftotext (入力ファイル名) (出力ファイル名)

出力ファイルの文字コードはUTF-8, 改行コードはLF. 出力ファイル名は省略可能.


5. PDFから画像を抽出


pdfimages [オプション] (入力ファイル名) (出力ファイル名の接頭辞)

オプションについて: -pngでPNG, -jでJPEG, -tiffでTIFF形式で出力される (オプションなしだとPPM形式)


6. PDFを回転


pdftk (入力ファイル名) cat 1-end(向き) output (出力ファイル名)

向きとしてはleft, right, downまたはnorth, east, west, southが使用可能. ※向きを指定する前にスペースを入れるとエラーになる.


関連ページ: PDFをコマンドラインから編集できるPDFtk使い方メモ - c-bata web

コメント

このブログの人気の投稿

matplotlib.histのnormedが変

以下の内容はPython 3.5.2 + matplotlib 1.5.1およびPython 3.6.2 + matplotlib 2.0.2で検証した. 作業日は2017年10月22日, 前者はUbuntu 16.04 on Win10 (WSL), 後者はDebian 8.9 (Anaconda). 規格化したいのにできない なにか数値の列dataがあったとして, そのヒストグラムをmatplotlibでプロットしたいとする. 普通に plt.hist( data ) とすると, これは縦軸が各bin内に入るデータ点が何個あるかを表すことになる. これをデータ総数len(data)で規格化したプロットにしようと思って plt.hist( data, normed=True ) またはnormed=1とかやっちゃうと, 思った通りのアウトプットにならずに頭を傾げることになる. 例えば: import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt data = np.random.normal(0,0.1,1000) weights = np.ones(len(data))/len(data) plt.hist( data, weights=weights ) plt.show() アウトプットは で, 縦軸が1を超えるとか, 意味がわからない. 原因matplotlibのドキュメントを見ても何も書いてない. これはnumpyのドキュメントに答えが書いてあるからで, 要するにnormedオプションは事実上densityオプションと等しく, これは縦軸を確率分布関数と思って規格化するオプションである, と. 従って, normed=Trueオプションを指定すると, binの面積が1に規格化されることになる. いま欲しいものは値の総和が1に規格化されたアウトプットなのだから, binの幅が1でない限り, 欲しい結果は得られない. 対策 代わりにweightsオプションを指定すればこの問題は解決できる. これはdataの1つの値の重みを指定するパラメータで, デフォルトでは実質的に weights = np.ones(len(data)…

源ノ明朝/源ノ角ゴシックをLuaLaTeXで使用する (Windows)

源ノ明朝 (Source Han Serif), 源ノ角ゴシック (Source Han Sans) はAdobeとGoogleが作成したCJKフォントで, オープンソースフォントとして公開されています (ライセンスはSIL Open Source License 1.1). 以下では, LuaTeXエンジンでこのフォントを (日本語で) 使用する方法を説明します. あるいは, otfファイルがダウンロードできれば, どのようなフォントにも適用可能です (PDFにフォント埋め込みすることに関してライセンスに注意が必要ですが). Windows10を前提としますが, 他の環境 (Linux/Mac) でもほぼ同じ方法で導入できるんじゃないでしょうか. 使用したのはTeX Live 2016 (LuaTeX-0.95) です.